out

自然な呼吸にこだわったプレミアムマスク | Co-que

 
 
会社紹介
 

この度は弊社商品に目をとめていただき、ありがとうございます。

株式会社ダイスコミュニケーションは創業は2006年3月になります。
主な業務内容については、セースルプロモーションという分野にて
企画立案及び新規プロダクトの生産に従事しております

新型コロナウイルスの影響で、私の住む神奈川県茅ヶ崎市でも多くの働く人が
自粛生活を過ごしてました。その間、休業を余儀なくされる方達に、
自分にも何かできる事があるのではないか ?
Co -que の着想は、医療従事者以外でも、対面でマスク着用が義務付けられ、
長い時間マスクを着用する人のために使い勝手のいいマスクがあってもいいのではないか?
という考えから生まれました。

例えば、飲食店の方たちがいつものように自然に呼吸ができて、
笑顔で接客ができるマスク。濡れても使えて、簡単に乾き、
タフに使えるからジムでも現場作業にも涼しく快適に使える。
さらに、アジャスタ機能で、しっかり装着でき、動かない。 いろいろな姿勢で働く介護現場でも使える。

そして、お客様は来店してお店のロゴプリントがされているスタッフに接客されて、 見た目も楽しく、衛生的にも安心して来店できるようになる。

働く人のベンチマークのような存在のマスク。

今までにない対面で働く人のために考えられたマスクを完成系として捉え、
馴染み深いローカル的な発想で、ウエットスーツにも使われる素材で、
何かまだ世の中にない新素材ができないか ? と考え、このプロジェクトはスタートしました。

そのクロロプレンゴム素材は、薄く生成する事もでき、
タフでもあり、速乾、耐冷耐熱、そして縫製の仕方で、
均衡の取れた立体造形ができると考えたからです。

当然、そのまま使っては息を通すことができず、全くマスクとしては失格です。
そこで、従来から企画商材や広告販促商材を開発する経験値があったため、
合成ゴム素材の開発を専門にする開発会社の代表志賀満義さんと協議を重ね、
さらにマスク装着される職業の方への取材、モニタリングを重ね、
ついに、新呼吸素材「Breeze Hole」が完成しました。

自身の会社は広告代理店でもあるため、
アドマスク- 呼吸-co-que として皆様の働く人の売り上げ貢献や
販売促進にもお役に立てられるよう願いも込めてネーミングいたしました。
企画会社でもあり、販売促進への強みがある点、アドマスクとしても
お店やサービスに貢献ができれば幸いです。
また、弊社の本来の業務であります、
お客様のの販売促進企画にもお気軽にお訪ねください。